スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQMSL攻略メモ:VSエスターク

<挨拶>
初めましての方は初めまして、大多数の人はたまたま通りかかっただけだと思います。
実況者として活動していたのは今は昔、最後の動画を皮切りに中途半端な動画をあげてしまったな、と自己嫌悪に陥ったことで実況業を(まあ元々趣味だけど)やっていたkirimomiと申します。
ブログ自体つけるのも1年以上ぶりとかいうレベル、やばいってもんじゃないですね・・・。
タイトル

<今回のブログについて>
さて、久方ぶりのブログをつけようとしているのは昨年7月からやりつつあるDQMSLというスマフォなど用のゲームをやっていまして、それの攻略情報を自分なりにまとめてみようと思ったからです。ぶっちゃけこれの実況も一旦考えましたが、やっぱ無理だなーってなってやらない感じになってます。

エスターク
<エスタークについて>
タイトルのエスタークは4月30日19:00から始まったクエストにでてくるモンスターです。
今回のエスタークはひとり用クエストやみんなの冒険(以下みんぼう)に出てくるモンスターで、ぶっちゃけめちゃくちゃ強いですね・・・。
これまでも強いモンスターは数々いましたが(幻魔(バルバルー除く)とか)、こいつはまた別格級です。
おそらく無対策でクエストやみんぼうに突撃した人は余裕で全滅かましたことだと思います。
さてではどうやってクリアすればいいのか、今回はこれについて書いていきます。

<攻略①:基本情報>
エスタークの耐性などについては解析サイトのエスターク(S)とほとんど一緒だと思われます(その辺の調査はしてません)が、もっとも異なるのは「つねにマインドバリア」がついていることで、みんな大好きマインド攻撃が通用しないことです。これからのボスには確実につくのでしょうね・・・。カカロン天下は終わったのだ・・・。

実はエスタークの行動は決まった動きをします。(クエスト、みんぼう共通)
・1ターン目、5ターン目、9ターン目、・・・
叩き潰し(無属性強攻撃+マインド)→通常攻撃→ちからため(2ターン目の全ての攻撃を2倍)
・2ターン目、6ターン目、10ターン目、・・・
帝王の一閃(無属性全体強攻撃)→メラゾーマ→通常攻撃
・3ターン目、7ターン目、11ターン目、・・・
ようすをみる(なにもしない)
・4ターン目、8ターン目、12ターン目、・・・
いてつく波動(全体の補助状態をクリア:バフ剥がし)→凍える吹雪(実質輝く息)→通常攻撃

という具合です。エスタークを強いとしてるのは1ターン目ちからためからの2ターン目の一閃です。防御力にもよりますが、およそ500ぐらいダメージをもらいます。そのあとの通常攻撃も400程度のダメージになるので、これに耐えられるやつはほぼいません。つまりまずはこれをどうするのかが重要となります。
ここからはパーティの攻撃を中心にする役アタッカー、補助を中心にする役サポーター(アタッカーやヒーラーが兼任することが多い)、回復を中心にする役ヒーラー、と便宜上使っていきます。こういう言葉に慣れてない方はすいません、慣れてください()
<攻略①:パーティ構成>
まずパーティ構成、といってもみんぼうではあまりパーティ構成などは選ぶことができないので、周りの様子を見て自分のモンスターを選んでいく形になります。
エスタークと戦う上で、重要となるパーティ構成は、
アタッカー3、サポーター0、ヒーラー2
アタッカー4、サポーター0、ヒーラー1
という感じでしょう。バフ役のサポーターはいてつく波動が確定行動に入っている以上、そこまで有用ではありません。ただし、クエスト時のみ行動順に影響を与えるピオリムは重要ですので、ピオ役は持っていったほうがいいでしょう。みんぼう時は基本的にバフ系統はいらないと思っていいです。(帝王の一閃をみかわし持ちピオリム回避することもできないでもないですが、ハイリスクハイリターンなので非推奨)
<攻略①:各役割ごとの行動考察>
・1ターン目(叩き潰す→通常→力ため)
アタッカー:全力で攻撃する、叩き潰すのマインドは無視していいでしょう、流石に現在の環境でデフォルトでマインドバリアを持っているアタッカーといえば、セルゲイナスやダークホビットなどがいますが、そこに頼ったり、超マスのマインドバリアを使う人もいないでしょうしね。(ピサロ等いるにはいるかもしれないけど)
ヒーラー:鈍足モンスターであれば、味方のHPに関係なくベホマラー一択です。2ターン目の激しい攻撃に備えましょう。俊足ヒーラーでもエスタークが先に動くのを期待してベホマラーでいいと思います。ここで防御して次のターンに暢気にベホマラーすると自分が、防御→防御するとアタッカーの誰かが落ちます。
・2ターン目(一閃→メラゾーマ→通常攻撃)
アタッカー:防御
ヒーラー:防御
これ以上言うことはないですね。
・3ターン目(ようすをみる)
アタッカー:全力攻撃
ヒーラー:ベホマラーorザオリク
貴重な立て直しターンです。基本は上記のようにして立て直しを図ります。ザオリク等は他にベホマラー要員がいる場合に限ったほうがいいでしょう、無駄な蘇生は次のターンで壊滅を呼びます。また、アタッカーでもベホマラー、世界樹の雫、世界樹の葉などがあれば、ヒーラーの動きを見てから行動するのもありだと思います。立て直しが優先でしょう。また、主にヒーラーに魔法の聖水を使うのもいいですね。
・4ターン目(いてつく波動→凍える吹雪→通常攻撃)
アタッカー:全力攻撃
ヒーラー:ベホマラー
いてつく波動自体は補助魔法(以下バフ)を使っていなければ怖くないので、このターンで怖いのは実質凍える吹雪だけです。といっても120程度ダメージもらうのでヒャド耐性がないキャラは残りHPと相談して防御するのもひとつの手でしょう。

<攻略②:HP20%以下>
さてエスタークが強い理由のもうひとつに瀕死時に行動パターンが変わります(私は発狂モードと呼んでます)。
攻略①でエスタークは決まった行動をとると書きましたが、HP20%以下(黄色になるのは25%以下なので若干違うことは確認済み)になると行動が変化します。

一閃→メラゾーマ/イオナズン/通常攻撃/凍える吹雪→完全覚醒(初回ターン確定)/叩き潰す/いてつく波動

必ず最初に一閃をするなど攻撃力が高いにもかかわらずに全体の超攻撃を繰り返してきます。そして特徴的なのが初回発狂ターンの3回目は必ず完全覚醒(斬撃予測3ターン分)を行うというもの。これにより隼斬りを始めとする斬撃技が全て反射されてしまうためダメージは一気に与えにくくなります。ならば呪文ならばどうかというと呪文使いは基本耐久に不安があるため、エスターク戦では基本的に推奨できないでしょう。つまりアタッカーは通常攻撃のみでほぼ押し切る形となります。つまりここまでくるとアタッカーは通常攻撃、ヒーラーはベホマラーするしかなくなります。ザオリク等は発狂モードに入っているときはしないほうがいいです。正直蘇生するほど味方のHPに余裕はありませんしね・・・。

<突破口①:斬撃予測>
さてこのようにある程度どうしようもない性能を持っているエスタークですが、基本的に怖い攻撃が斬撃であることから斬撃予測が非常に使えます。具体的には1ターン目の叩き潰し、2ターン目の一閃と発狂モードのこれらです。2ターン目の一閃は攻撃力が高いため跳ね返すとかなりのダメージをあいてに与えることができます(300程度)。また、2ターン目に確実に一閃を跳ね返すためには1ターン目に叩き潰すからのマインドをもらうわけにはいかないので1ターン目と2ターン目は予測確定でいいでしょう。逆に3ターン目、4ターン目は予測で返せる技がないため、他の行動、主に普通に攻撃することになります。
<突破口②:眠り>
エスタークの弱点はイオですが、原作仕様で眠りも弱点です。SSエスタークは最初の3ターンは効かないわけですが、今回相手にするエスタークはSのエスタークなので眠りが普通に効きます。簡単に言えば若干使いづらいマインドって感じですかね。ちなみに眠りによりエスタークがそのターンで動かなかった場合、起きたときに動かなかったターンで行う行動をします。
例:1ターン目にエスターク行動後眠りになり、2ターン目に眠って行動終了そのあと起きるとして、3ターン目の行動は一閃の流れになります
<突破口③:ソードクラッシュ>
何度か書いたとおり、エスタークの怖い技は全て斬撃由来のものです。なので斬撃を封じてやればいい、ということで斬撃封じです。・・・が、これはこれで問題があります。現在ソードクラッシュの使い手は、ブレイズホーン、ダークホビット、ガーディアンといった全てSのモンスターです。しかし、エスタークコイン部屋を野良でまわろうものならSを見た瞬間解散されることもしばしばあるため(経験談)、こいつらを使える機会が訪れるかどうかは若干怪しいところはあります。ダークホビットなんかは今回適性がかなりあるんですけどね・・・(マインドバリアも地味にいい)

最後にエスタークに挑むにあたっておススメモンスターを紹介します。名前は割りと省略してますが、ご容赦ください
<おススメアタッカー:物理>
デンガー:メラ半減イオ半減、ばくれん斬り、ミラクルソード、隼、MP回復 今回も強いですね、ヒャド耐性こそないけどおススメです(私は持ってない)
シーザー:メラ無効ヒャド無効、ばくれん斬り(要タマゴ)、隼(要タマゴ) 攻撃性能が高く、覚醒を使われてもMPさえあれば白く輝く息で押すことができる(私は持って(ry )
ピサロ:メラ無効イオ無効、神速 やはり単体攻撃性能はピサロが魔王の中では頭ひとつぬけてますね、吹雪以外の耐性もよく戦いやすい一方上2匹よりMP切れ起こしやすいところだけは要注意、また上2匹よりも星つけにくいのも難点(当然私は持ってない)
<おススメアタッカー:魔法>
シドー:ヒャド無効、ぶきみな光、ライデイン(要タマゴ)、イオラ 他に魔法使うタイプがいればなかなか有用、他の不気味持ちは今回は使いにくいはずです
ライオネック:ギガデイン、漆黒の爪、ベホマラー 必要となる耐性が完全にあいていることは気になりますが、サブヒーラーとしての役割は高く、覚醒対策のギガデインも持っています。残り1枠は低コスト斬撃(かぶとわりなど)が今回はいいかもしれませんね、ベホマラーのMPを温存させるために。
デスタムーア:メラ無効ヒャド半減、イオナズン、MP回復 消費MPは多いもののイオナズンは強いです。他のイオナズン使い手はいくらかいますが、耐久面等にやや不安があるため、おススメとしてはムーアが一番になりました。デスカイザーは特に攻撃性能は高いんですけどね・・・耐久と麻痺が・・・
<おススメヒーラー>
ゴルスラ:メラ半減ヒャド半減イオ半減、ベホマラー、ザオリク(要タマゴ) やはり鈍足ヒーラーといえばゴルスラ、今回もヒーラーとして適しています。星が少ないと若干MP消費を気をつけないとガス欠するのでそこだけ注意することですね。基本置きマラーを中心にすればいいので楽です。
ラーミア:イオ半減、ベホマラー、MP回復 ゴルスラに比べると耐久面等で不安があるものの、やはりラーミアも強いですね。ただ、色々不安があるのでサブヒーラー等が若干ほしくなるかと思います。いくらMP回復あるといっても元のMP少ないですからね・・・。

さてここまで長文となりましたが、対エスターク戦の基礎はこれぐらいになると思います。ちなみに私がみんぼうで使っているモンスターは実は紹介していないので、それはまた明日以降に書こうと思います。ちなみに異論反論色々皆様あると思いますので、お気軽にコメントください、参考にします。それではまた~ノシ
スポンサーサイト

月間ブログ2014年3月号Part2

ということで後半です。ここまでで書くの2時間程度使ってます。疲れた。
てことでぱぱっと対戦の様子などを書いていくことにします。

予選1回戦
VSゲドーマル戦
きりもみ先発サーナイト・クチート・トゲキッス
ゲドー氏先発エアームド・火ロトム・マリルリ
BV:JLQW-WWWW-WWW6-FPJ4
感想:フェアリー統一を含めてどんな統一Ptでも間違いなくでるのは有利な相手ということで、エアームドと火ロトムはほぼ確定クラスで入ってくるんですよね。また実はフェアリー技もクチートを除けば一貫性があるため、マリルリも入ったということですね。初戦であり、その前まで半分寝てたのでプレイングは正直かなりいい加減でした()というか、なぜ対面から火ロトムにムーンフォース撃ったんでしょうね・・・不思議と勝った感がする戦いでした。火ロトムと対面して一番やっちゃいけないのは交代際のボルトチェンジなので、トゲキッスでボルチェン受けるという謎の行動をしたのが一番の勝ち筋だったんでしょうね。そして最後サーナイトは癒しの願い使おうとしてそういえばアクジェ範囲内でしたー、てやつです

予選2回戦
VSマイン戦
きりもみ先発マリルリ・サーナイト・クチート
マイン先発ヒードラン・ギルガルド・ケッキング
BV:Q38W-WWWW-WWW6-FNX8
感想:フェアリー統一を含めてどんな統一Ptでも間違いなくでるのは有利な相手ということで、ヒードランとギルガルドは間違いなく出てくるわけで。逆にいうとその辺り対策できるマリルリちゃん先発は安定といえば安定しました。ケッキングに読まれて地震撃たれたときは冷や汗ものでしたが、ギガインパクトすかせたおかげでだいぶ楽になりましたね。勝利が見えたのでサーナイトは完全にいやしの願いをするだけで退散しました。運ゲの勝利。

予選3回戦
VSイッキ戦
きりもみ先発エルフーン・マリルリ・サーナイト
イッキ先発:ヘルガー・ゲッコウガ・ドラピオン
BV:9RWG-WWWW-WWW6-FNX6
感想:敢えてここでも言っておこう、ごめん。この人、5世代の頃(もっと前からかもしれないけど)から悪統一の使い手ということで、私のフェアリー統一とは恐ろしく相性の悪い相手となってしまっております。ちなみに書いてませんが、ゾロアークも見せ合いでいたため、先手は襷を持ったエルフーンに任せたところ、メガヘルガーがでてきたため、臆病C特化が光る形になりましたね。相手からすればこれほどまでに嫌な相手もいなかったでしょう・・・。うん、もう一度言う、ごめん

ということで予選はまさかの3連勝ということで1位通過してしまったため、決勝に進むことになりました。さて私はBブロックでAブロックの同じく優勝者と決勝ということだったのですが・・・その相手はまあブログ読んでる人とか最近私知った人とかは知る由もないのですが、あの教授氏なのでした。(ちなみにほぼ毎日スカイプで長時間チャットしてる私のネット界一番の知人、でもあったことはないので友ではないです)
さてその決勝の様子はというと、

決勝戦
VSなつき戦
きりもみ先発エルフーン・クチート・サーナイト
なつき先発:ライボルト・ギルガルド・ニンフィア
BV:9XHG-WWWW-WWW6-FLUM
感想:ということで互いの手のうちを語り尽くした同士の戦い、ある意味因縁の対決です。先手からアチャーな感じではありましたが、初手からオバヒというリスキーなチョイスはおそらくないという長年の感から速攻でサーナイトにチェンジ。みごとボルチェン吸って美味しいところでしたが、ここでやはり出てくるギルガルド。実はこのギルガルドがテンプレではないことは知ってたため、マリルリを出すのもためらってしまっていました。ぶっちゃけこいつがハチマキかなと思ってしまったので、最後の方無駄ターンして結果負けてしまったところあります。しかし振り返ってみると、ああしておけばなーってのはありますが、それはどの世界でも共通であるものでしょうね。てことで今回は私の負けということに。でも今回の大会では一番の読みはできてたと思います。


はい、そんなわけで非常に長文にはなりましたが、以上大会の様子でした。私はそんなことで準優勝という形でまあ急ごしらえのPtにしてはよく戦えたなという感じになりましたね。ポケモンのほうもしばらくはフェアリー統一で頑張ってみようと思う今日この頃。もんへんも含めて春もゲームが忙しいですねえ。ということで、もんへん動画もそろそろ再開したいので、また応援していただければ幸いです。それでは~(´・ω・)ノシ

月間ブログ2014年3月号

 お疲れ様です、お世話になっております。最近桜が咲き始めているのを見て、ああ春だなあ、と実感する私です、どうも。ちなみに春は花粉乱舞あるので基本的に嫌いです。花粉には耐性あるのである程度まで大丈夫ですが、臨界点超えると一気にやばくなるのでやっぱり嫌いです。

 さて、そんな春ですが、3月といえば卒業式なりなんなりで別れのシーズンですが、私のそんな時期にこんな場所に行ってまいりました。
USJ
ティガ
発掘封龍
そんなわけでUSJです。もちろんソロです。ぼっちです。まあ一応大阪駅まで妹と行動を共にして、ここにきて用事終了後即トンボ帰りかましたので、そこまでぼっちとも言えませんけどね。入場費6790円なんて痛くない、気にしなければ痛くないんだ、うん、痛くない、痛い。なぜこんな卒業シーズンという無駄に混む時期に行ったのかといえばもちろんUSJ限定配信イベントクエストのためですよ。ええ、ちなみにそれなりの需要があったので何人かと一緒にいって余裕でチケット枚数確保しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 そして本日、というか昨夜ですね。身内ポケモン大会に出場してきました。久々の大会ですし、僕もポケモン自体最近ちょっと下火にややなってたのもあって、ちょっと頑張ってメンバーづくりしました。ちなみに6匹全て新規育成っていうね・・・。うん、つらかった。
 先ずはメンバー紹介から。フェアリー統一!

マリルリ♂(NN:ヌンぬぅん) エース1
ボール:モンスターボール(5世代)
特性:力持ち
性格:勇敢
技:じゃれつく・アクアジェット・馬鹿力・叩き落す
持ち物:突撃チョッキ
努力値:H252A252B6
役割:各世代から成長が見られるマリルリちゃん。6世代では更なる成長としてフェアリータイプと一致技という喉から手が出るほど欲しい一致技の改善が見られました。水・妖・闘・悪の範囲は非常に広く、有用な技も多いです。その強さはレートのランキング等でも知られてますね。勇敢なのはガルド、ひいてはサザンガルドに対応するためですが、そもそもこのPtだとサザン絶対でませんね()で、ガルドといってもテンプレガルド対策であるため、ちょっと型の違うガルドに対応できるかというと・・・後半に続く

エルフーン♀(NN:えるるる) 高速サポート
ボール:ヒールボール
特性:いたずらごころ
性格:臆病
技:エナジーボール・ムーンフォース・痺れ粉・光の壁
持ち物:気合の襷
努力値:B6C252S252
役割:前作とはまた異なる要素を持つエルフーン。前作ではよくあった?やどみが型は正直微妙になったうえ、フシギバナで解散まであるので、6世代仕様として育成したほうがいいかもしれません、しよう。攻撃技は1個でもいいかと思ったが(というより補助3個にしたい)、草技が結構欲しいのもあってえなぼも入れました。今度は一度も使わなかったけどね!攻撃技はともかく補助技は、今回のエース2匹がともに鈍足ということもあり、それらを補助するのが役割です。あとこれだけだとクレッフィでもいいんですが、タイプの違いを最大に考えたとき、エルフーンのほうがいいかと思いました、特に地面への対応として。あと可愛い

クチート♀(NN:デスガロン) エース2
ボール:ネストボール
特性:威嚇(力持ち)
性格:意地っ張り
技:アイアンヘッド・じゃれつく・炎の牙・不意打ち
持ち物:メガストーン
努力値:H252A198B52D4S4
役割:言わずと知れたメガ進化による恩恵を存分に得たクチート氏。もちろんエース起用です。技についてもテンプレですが、正直剣舞を入れたくて入れたくて仕方ありません。その場合は牙か鉄頭抜くべきなんでしょうけど、必要なシーンも結構あるんですよね・・・。耐久についてはいじっぱりファイアローのフレアドライブ耐えです。威嚇込みでハチマキでも耐えられます。同時に陽気ガブリアスの地震を高乱数で耐えることができます。ぶっちゃけシングルならDに厚く降るよりもB調整したほうがいいなと思ったのでこんな感じしあがりました。いい働きはしたんですが、やっぱり剣舞ほしい・・・

サーナイト♂(NN:アクアマリン) スカーフ枠
ボール:プレミアボール
特性:トレース
性格:控えめ
技:サイコキネシス・ムーンフォース・気合玉・癒しの願い
持ち物:こだわりスカーフ
努力値:H6C252S252
役割:こちらも今作でメガ進化及びフェアリー追加によりかなりの強化しましたね。メガ進化ポケモンは基本的にPtに2匹ぐらい入れておくと相手を惑わすこともできるのでなるべく入れたいのもありますし、そもそもフシギバナ重いPtでエスパー技使える時点で抜く理由もありませんね。今回、スカーフ等と相性のいいトリックを抜いたのはぶっちゃけこだわりトリック自体最近は微妙かなと思うところ(叩き落す強化及びメガ石には不発)があり、以前ラティアスで同様に癒しの願いを使って使い勝手がなかなかよかったので入れました。スカーフにしたのはメガガルーラを強く意識したからであり、親子愛トレースにより気合玉で突破も見える(もちろん30%で泣きを見る)のもあり、こういう型にしました。癒しの願いは鈍足エース2匹とは好相性であり、キッスも麻痺まかれやすいので、実際使ってみてなかなかよかったです

トゲキッス♂(NN:まひ☆るみ) 補助枠
ボール:ゴージャスボール
特性:天の恵み
性格:控えめ
技:エアスラッシュ・火炎放射・電磁波・羽やすめ
持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H244B206C60
役割:まあNNについては完全に相手を煽るためです。実際まひるみなので私にしては珍しく一致してますね(嘘つくためにはたまに本当のこと入れることが重要なんですよ)。こちらもメガガルーラを強く意識して作った型であり、特にクチートから地震を受け流し、電磁波まいて羽やすめして流すのが最大の役割となってます。もちろん単に電磁波することも可能であり、エアスラも外せませんね。そしてこのPtでは辛いハッサムを焼くために控えめのC60振りという謎の振り方になってます。この振り方で意地っ張りHDメガハッサムまでは放射+ゴツメで確定に持っていくよう調整しました。今回は両方とも出てこなくて本当によかったです

メレシー(NN:カブレライト) ぶっちゃけピンポによりいらない枠
ボール:モンスターボール
特性:頑丈
性格:冷静
技:パワージェム・ムーンフォース・スキルスワップ・トリックルーム
持ち物:メンタルハーブ
努力値:H252C252D6
役割:ファイアローやリザードンxyを両方見ることができるほかのフェアリーポケにはできないポジションにいます。特に一致岩技が使える点は大きいため、今回のフェアリー統一に呼ばれた・・・のはいいんですが、実際はまるで使われなかったという、ある意味最初からわかってましたって感じですね。やはり鈍足エースのサポートをするため、トリックルーム及び暴走されそうなファイアロー等に刺さる岩技は必須ということで残り2枠余るんですが、実は大爆発の技マシンを回収していないでスキルスワップ入れてたってのもあります。状況見れば強いはずなんですが、やはり使いづらい感ありますねえ。グランブルとかニンフィアとかにすごく変えたい・・・


大会の様子については後半に続きます

月間()ブログ2月号

 お疲れ様です、お世話になっております。いやあ、月間ブログなのに半年ぶりですねえ・・・。なぜ更新しなかったのか?答えは簡単だよ、ワトソン君。MH4とポケモンのダブルパンチ(更に積んでるやつも含めるともっと)な状態でブログに時間なんて費やせなかったからだよ!まあ見る人少ないのに、自ら減らしてどうすんだという話ですよね()

 先ずは実況動画のほうからですかね。

本当は最終回のっけるのが普通なんでしょうが、まだ投稿してないんだもん、別にいいよね!そんなわけでブログのほうにお勧めしていただいた、「ファミコン探偵倶楽部PartⅡ 後ろの少女」無事クリアと相成りました。基本的な感想は動画のほうでは言ってますので、まあここでは少しだけ。
うつぎ先生!あなたずっと何やってたんですか!
もうこれに尽きますね・・・。こじまようこが事件について知ったきっかけとか、その辺りも気にはなりますが、あくまで2の次ですねぇ・・・。
 収録ミスもあり、苦情もありで色々学ぶことも多かった動画となったなと思っております。あんまり自由自由と言っても好き勝手言っていいってわけじゃないからね。もちろんその辺りは本当に個人の裁量によるもので、Part23にはフォローしてくれてるコメント(ありがとう!)もあったのでなかなか難しいお話なんですけどね。
 さて、動画でも言ってますが、この種の読む系のゲームは次回作決めていません。なので募集します()あんまり人来ないような動画してもモチベ下がって放置になりますからね・・・。基本的に今放置してるやつはありますが、あの辺は御蔵行きだと思ってくださいな。ということで、最新のやつ以外なら割となんでもやると思うので、コメントしていただけるとありがたいなー、オナシャス!(なかったらたぶんもうやらないかもしんない)

 モンヘーンの話をします。9月に出ていこう、7割はもんへんに使ってましたね・・。生活も変わりましたさ。でもまだまだ現役なんですよ!ということでここでは、今までに入手した発掘武器を整理がてら自慢()します。
 なお、武器補正等は込で属性値とかは省いてます。切れ味は基本良切れ味で匠込です
 大剣:180(210)白50氷回避3,180(210)白60毒S3,190白50毒S1,200会20白10爆名匠4,190白20麻S1
 太刀:180会10白50火S1,180会10白60水S2180会10白50毒御石4,,180会10白60麻S0,180会10白50爆回避3
 片手:170(210)白20水S3180白20雷状態2230白50氷状態3,180白50龍S2,180白50毒S1,180白50麻S3,170(200)白50睡御石4
 双剣:180会10白50火S2170(200)会10白20水御石4180会10白50雷S2,170(200)会10白60氷S2,170(200)会10白20龍S0,180会30白50毒回避5170(210)会10白50睡S1,170(200)会10白20爆S0
 ハンマー:190白50水S2190白50水S2,190白60麻御石6
 笛:180白20火S3(紫赤空),170(200)白50雷S1(紫赤空),190白20毒S3(紫赤緑),170(210)白50麻S2(紫赤空)
 槍:170(200)白20水名匠3,170(200)白50毒S3,180白20麻回避3
 ガンス:180白50火S1(放射4),170(200)白60水S(放射4),190蒼30水S3(拡散5)
 剣斧:190白50龍S0(強擊),180白50麻S3(強擊)
 軽弩:170(210)速大水冷斬烈速射S3,230速大雷徹甲1速射S3,190速大氷結散弾1速射S3,230普通やや小火炎通2速射S3(リミ解放用),170(210)普通やや小通2貫2毒2速射射手2(リミ解放用)
 重弩:190普通やや小貫2水冷減気しゃがみ(リミ解放)
 弓:剛射連射(170(210)火S3,190雷S3),剛射拡散(180会20雷射手3,180会20氷S2,190龍S2)

 うーむ、めんどくさw それはさておきやっぱりだいぶ揃ってきたなあという思いと、槍を始めまだまだほり足りてないなという感じはしますので当分現役でやっていきます。現在は栄光防具の厳選もやってますし、まだまだMH4楽しんでいきます!・・・ただ、討伐数1位シャガル、2位テオ、3位ラー というなんとも言えない状況なのはどうなんだ・・・

 まあポケモンのほうも書きたいところですが、既にだいぶ長くなってるので今回はここまでとします。さあ、次回作決まるんでしょーかね?ってところも含めて今後も楽しみです。それではたぶん来月も更新すると信じて
(´・ω・)ノシ

月間ブログ8月号だったもの

 お世話になっております。月間ブログ8が・・・晩夏号です。いや、別に書くことなかったわけではないんだけど、最近はニコ生配信も結構やりこんでるので、ついつい書くのを忘れておりまして。まあ、もうすぐあれがでますので、今月はもう1度書くと思います、書かせます()

 という言っても、ここだけでしか言わないわけですが、真かまいたちの夜や現在進行中のTRUE REMEMBARANCEはなかなかコメントもつかず苦戦してるってこともあり、その間にやったMHすらもそうで、若干気後れというかモチベーション下がってたのが大きく影響していたのかもしれません。普段こそ、コメントとかいらねーよwwwとか言ってますが、やっぱり必要なもんなんでやんすねえ、と歳が経つにつれて思い出す始末。まあアラサーなんで若さなんてもんはもーないです()

 さて、さきほど件のニコ生でやってたFE覚醒ハード縛りのほうが終了しました。まあ、FEっていうゲーム上みる人はかなり少なかったわけですけどねw縛り内容はコミュトップとかにも書きましたが、ダブル・練成(これは結果的にやらなかっただけ)・フリーマップ(例外あり)・成長吟味・Cプルフ禁止とまあ豪華5本仕立てに禁止事項作ってプレイしておりました。で、みてないであろう人が多いのはわかってるけど敢えて言わせてください。

クロム、お前きりもみ君すら最後は頑張ってたのに、お前なにしてんの・・・

レベルアップでのわくわく感、成長良し悪しに一喜一憂、増援が出て恐怖する・・・すごく本来のファイアーエムブレムをやってるような気がしてやっぱりすごく楽しかったです。そして、軍神ソワレ、セルジュ、そぉる、からむ・・・すまぬww

 まあそんなわけで、9月中旬のアレ出るまでテストと称して色々やってきましたけれど、本編をもう少ししたら始められるとは思うんですが、最近の動画の伸び悩みからちょっと気が引けてるのもまた事実。頑張ってやっていきますかねえ(´・ω・)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここからブログのコメント返信

なんか数年ぶりにブログのほうにコメントあったので、ああこのブログも一応需要あったんだな、と思う今日この頃。余計なお世話かもしれませんが、一応コメント読んで返事しておこうと思います。

あずpさん
>動画、楽しみにしてますよ!!
ありがとうございます。動画主としていい薬になるんですよ、こういうのがw

PARUさん
>もしWiiのバーチャルコンソールをお持ちでしたら、「ファミコン探偵倶楽部PartII うしろに立つ少女」のFC版(SFC版ではない方)を是非是非きりもみさんに実況していただきたいです。
実は8月中旬までWiiなし状態だったんですが、実家から引っ張ってきて今はありますので、現状のが無事終わりさえすれば、次はそれにしようかなーと思います。こういう情報もくるとうれしいもんだね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。